闇金の特徴はとにかく電話

会社設立にかかる費用

私が会社を設立したときには、個人で経営していた事業が上向きになってきた時でした。資本金は少なくても良いので、とりあえず設立する事を最優先にしたのです。


資本金は後から増資する事ができます。ですが、会社設立のチャンスを逃せば一生後悔する事になるかもしれないと思ったのです。参考にどうぞ会社設立 名古屋で検索!



10万円程度あれば定款を作成したり、多くの書類提出などをクリアする事ができます。後は、会社に使用する備品を購入するのですが、実際には事業は開始してますので備品を会社が買い上げるといった手続きになります。


なので、会社設立時に使うお金というのは一時的な資本金を集める作業だけで、後はどうにかなるといった感じでしょうか?


重要な設備も早めに購入して減価償却を済ませてしまうという考え方と、運転資金に余裕が出てから購入するという考え方があると思います。私の考えでは、早めに会社を大きくするなら必要の設備は全て整える方が効果的だと思います。


後々、事業縮小するときにはお荷物になってしまうので賭けになってきますが。